Ring Video Doorbell 4, Battery Doorbell Plusのバッテリー充電について

コード: P1-67
コード: P1-68
コード: P1-77
コード: P1-101

通常の使用であれば、用意するRing Video Doorbell 4のバッテリーは一つで問題ありません。ただし、バッテリーの寿命を延ばしたい場合や、バッテリーの充電中もドアベルを使用したい場合には、予備のバッテリーの購入が可能です。

Ring Video Doorbell 4, Battery Doorbell Plusのバッテリーを充電する方法を教えてください。

Video Doorbell 4, Battery Doorbell Plusのバッテリーの充電には、製品パッケージに同梱されているオレンジ色のmicro-USB ケーブルをご使用ください。micro-USBケーブルは、コンピューターなどのUSB電源に接続できます。USBケーブルをUSB電源に接続するか、コンセントに接続するかによって異なりますが、バッテリーがフル充電されるまでに約6~8時間程度かかります。

Video Doorbell 4, Battery Doorbell Plusのバッテリーを充電する方法:

  • フェイスプレート底面の安全ネジを外したら、両側面を押しながらフェイスプレートを持ち上げ取り外します。
  • 銀色のリリースタブを押して、バッテリーを取り外します。
  • オレンジ色のmicro-USBケーブルをバッテリーの充電ポートに接続します。充電中は、赤色と緑色の両方のライトが点灯します。
  • バッテリーが完全に充電されると、バッテリーライトが緑色に点灯します。
  • 完全に充電されたバッテリーを、ドアベルにカチッと音がするまでスライドさせて挿入します。
  • フェイスプレートをカチッと音がするまで上部にはめ込みます。
  • ドアベルの電源が入り、使用できる状態になります。

注: デバイスが完全に充電されていない状態で使用すると、ドアベルをセットアップする際、バッテリー残量が正確に表示されない場合があります。デバイスをセットアップする前に、バッテリーを完全に充電してください。

2週間前に更新